審美歯科

歯には、食べ物を噛んだり、発音を良くしたり、という機能があります。
審美歯科治療は、歯が持つ機能性を高め、その上で見た目の美しさ、機能性を追求する歯科治療です。
従来の歯科では美しく自然に見せることが出来ない場合もありましたが現在ではセラミックなどを用いた審美歯科治療が可能です。
このページでは審美歯科治療の方法をいくつかご紹介いたします。

ラミネートベニア(Laminate Veneer)

ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックのシェル(付けツメのようなもの)を貼り付ける治療法です。
歯を半永久的に白くしたい場合や、歯の形を変えたい場合などに用いられます。短期間で思い通りの白さにすることが出来るのでモデルや芸能人の間では人気の治療法ですが、健康な歯を削ってしまう方法なので、適用に関しては十分にドクターと話し合って決める必要があります。

オールセラミッククラウン(All Ceramic Crown)

金属をまったく使用しないクラウンです。
見た目も自然の歯に近く透明感があり変色もしない為色合いが長続きします。審美的に最も理想的な被せ物です。 セラミックは見た目が良く、プラーク(歯垢)が付きにくいというメリットがありますが、強い力が加わると割れてしまうという欠点もあります。
歯科用セラミックは、一般的な焼き物と同じように歯科技工士が陶土から作りますが、最近はコンピュータ支援によって設計と製作を行うCAD/CAMシステムというものが広まってきました。また、ハイブリッドセラミックスというものもありますが、これはレジンにセラミックやシリカなどのフィラーを混ぜたものですので、実際にはセラミックではなくレジンです。

コンポジット(Composite)

歯の1部が虫歯などで失われた場合に修復する材料です。
現在当オフィスではハイブリッド型のダイレクトボンディング材を使用しています。
当日問題を解決できる手段としてお考えできる修復方法です。

メタルセラミッククラウン(Ceramic Ceramic Crown)

現在、セラミックの強度の発達、メタルフリーの意味から前歯には昔ほど使用されないこともありますが、力のかかる臼歯部でどうしても白い歯にという場合は、非常に有効な審美的材料と言えます。歯科治療では虫歯などで歯の質が失われた時、現在でも金属を良く使用します。 しかし、前歯や白い歯を望む患者様など時代のニーズが増えた為セラミックなどの白い修復物が用いられております。
当オフィスではこのようなことや金属アレルギーの患者様にご満足いただけるよう多くのレパートリーを揃えております。お気軽にご相談ください。  

金属アレルギーについて

近年、口腔内に装着された歯科金属によりアレルギーを発症する患者さんが増えています。
その症状は全身から、局所、特に口腔内に限局するものまで様々です。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や外因的な要因で変色した歯を一切削ることなく白くする処置の事です。
変色の原因等により異なりますが、効果が得られる場合とそうでない場合があります。 そのような場合は審美歯科治療でご紹介しているような処置の適応となる場合があります。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとはご自宅でホワイトニングをする治療の事です。 歯科医師の指導を受け患者様が自身で行う方法で、ご自宅に限らず御使用いただけます。 歯科医院で作製した専用のトレーにジェルを注入し指定された時間着用します。 時間が経ちましたら、お口、トレーとも綺麗にゆすいで終わりです。

オフィスホワイトニング

自宅で行うホームホワイトニングに対し、こちらは診療室で行うホワイトニングです。 クリーニング後、歯の表面に薬品を塗り、光と化学反応を起こすことで効果がでます。 1回の診療で何回か繰り返して行います。

失活歯のホワイトニング

神経を取った歯が変色した時のホワイトニングです。歯の内部にホワイトニング材料を入れる処置をします。 30分程度の処置を3から5回行います。

ガムピーリング(歯肉のホワイトニング)

歯ぐきの黒ずみを取るホワイトニングです。変色している歯ぐきにジェルを塗布してある程度待ちアルコールで洗い水洗して終わりです。 加齢や喫煙などにより着色した歯ぐきを本来の健康な色に戻します。 レーザーでも行える処置です。