クラウンレングスニング

クラウンレングスニング(臨床歯冠長延長術)とは?

クラウンレングスニング(歯冠長延長術)とは、歯ぐきや歯槽骨を削ることによって、
虫歯や歯が割れている部分を歯肉縁上に出す治療法のことです。

歯肉縁下に虫歯や歯の破折があると、ほとんどの場合抜歯になってしまいますが
クラウンレングスニング(歯冠長延長術)によって虫歯や歯が割れている部分を歯肉縁上に出すことができれば抜歯をせずに歯を残すことが可能となる場合があります。

クラウンレングスニング(歯冠長延長術)は全てので行われているわけではなく保険適用でもありません。

また、歯肉縁下に虫歯や歯の破折がある場合にはクラウンレングスニング(歯冠長延長術)以外にもエクストルージョンと言って矯正的に歯を引っ張り出す方法もあります。

では当オフィスの治療例をお見せいたします。



CASE1

 
imageclsu.jpgimageclsua.jpg
左上7のクラウンが虫歯で外れ、適切な歯冠長が必要な為にクラウンレングスニング
が必要になりました。
術後しっかり治癒を待ち、ゴールドクラウンをセットしました。歯冠長が増した事がわかります。
 

CASE2

imagecls.jpgimageclsa.jpg
左下2に虫歯があります。全顎的に歯周病だったためフラップオペと同時に虫歯を歯肉の上に出すべくクラウンレングスニングを行いました。虫歯の位置が高いところに出ています。治癒を待ちダイレクトボンディングで修復します。
 

CASE3
 
imageperiosm1.jpgimagezirkoniasm2.jpg
左下に不適合なクラウンが入っておりさらに歯周病の為に抜歯を含めたクラウンレングスニングが必要です。術後です。左下6は保存不可能という事で抜歯しました。上のほうに引っ張られないようにアピカリーポジションドフラップで縫合されています。完成のジルコニアセラミックはセラミック治療例で御覧になれます。
top

例えばこんなご相談

  • ・他院の治療に満足していない
  • ・歯を白くより美しくしたい
  • ・口内のトラブル、心配事
  • ・歯周病に関するご相談
  • ・インプラントや矯正に関するご質問
  • ・費用に関するご質問、ご相談

お口に関することは、お気軽に何でもご相談ください。
治療と予防を活用し、健康で豊かな生活のサポートをいたします。