サイナスリフト

一般的に、下顎(下の歯)のインプラントより、上顎(上の歯)のインプラントのほうが、
難しい傾向があります。
ここでは、上顎のインプラントの難症例でも、治療が可能になる最新技術を紹介致します。




上顎の上、ほほの骨の中は、大きく空洞になっています。そこを上顎洞(サイナス)といいます。
上顎洞は、鼻腔につながる空洞で、粘膜で覆われています。
上の歯にインプラントをする場合は、上顎洞に到るまでの、上顎の骨の中に、インプラント体を収める必要があります。
そのため今までは、上顎の骨の厚みが足りない方の場合、インプラントを行うことができませんでした。

しかし今では、上顎の骨の厚みが不足している方でも、インプラントを行える技術が開発され、実際に臨床で活用されています。


ソケットリフト(オステオトームテクニック)

上顎の骨が薄い場合に、骨の厚みを増すために行われる方法です。
上顎洞のインプラントを植える穴(もとの歯が抜けた部分)から、骨のもととなる物質を入れて、少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。
押し上げられた粘膜と、その間に詰まった骨のもととなる物質の分だけ、骨の厚みを増すことができます。
骨のもととなる物質が固まって、完全に骨になるのを待ってから、インプラントを行います。
この方法は、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みがそれ以下の場合は、サイナスリフトが行われる場合があります。


サイナスリフト

オステオトームと同様、上顎の骨が薄い場合に、骨の厚みを増すために行われる方法です。
こちらは主に、上顎洞と上顎との距離が狭く、オステオトームが行えない場合に選択される方法です。
上顎洞をおおう粘膜(シュナイダー膜)をはがし持ち上げて、上顎の骨との間にすき間を作ります。そのすき間に骨となるもの(自分の骨か、人口の骨のもととなるもの)を入れて、それが固まる(骨ができあがる)のを待ちます。
もとの顎の骨の厚みがある程度あれば、インプラントのオペと同時に行いますが、かなり骨が薄い場合には、サイナスリフトを行い、半年ほど経過し、骨ができて厚みが十分になってから、あらためてインプラントを行います。


サイナスリフト治療例

Case1

image132.jpgimage133.jpgimage136.jpg
1) 右上の奥歯が無く入れ歯が
いやなのでインプラントを希望。
レントゲンで見たところ骨が無い
為サイナスリフトをした後に
インプラント埋入を計画
2) バーで窓をあけます。3) 専用の器具で膜を
剥していきます。
image137.jpgimage140.jpgimage141.jpg
4) 窓あけが完了5) 骨補填材をつめます6) 軟組織が入りこまないように
吸収性の膜をひきます。
image143.jpg  
7) 縫い合わせて終了です。
6、7ヶ月後にインプラントを
埋入します。
  

top

例えばこんなご相談

  • ・他院の治療に満足していない
  • ・歯を白くより美しくしたい
  • ・口内のトラブル、心配事
  • ・歯周病に関するご相談
  • ・インプラントや矯正に関するご質問
  • ・費用に関するご質問、ご相談

お口に関することは、お気軽に何でもご相談ください。
治療と予防を活用し、健康で豊かな生活のサポートをいたします。