インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ


無歯顎の場合の治療の流れ

1) 診査と治療計画の立案
full.jpg
歯が無い場合の例
基本的な処置(歯周病治療)などを終えてインプラント治療に必要な診査を行いインプラント治療が可能かどうか診断いたします。
その後治療計画を立案いたします。
診断の材料としてレントゲン、口腔内写真、模型、シムプラントを使用します。


 2) フィクスチャー埋入のオペ
full1.jpg
歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行ないます。
通常は局所麻酔でおこないますが笑気静脈内鎮静法の準備もございますので担当医にご相談ください。
 
 3) 治癒期間 この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。
治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
大体3?6ヶ月
ほど待ちます。
必要に応じこの間、仮歯を入れることもあります。
 4) アバットメントの連結
full2.jpg
 人工の歯の支台となるインプラント部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
この時歯肉の手術をする場合があります。
 5) 人工歯の装着
full3.jpg
 インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(型とり)を行います。
その型に従い人工の歯を作製し装着します。
 6) メンテナンス
 
 インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。
先生の指導に従い正しい歯磨きを心がけてください。
理想的には2ヶ月
少なくとも3ヶ月に1度は定期健診を受けインプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。



数本の歯が無い場合の治療の流れ

multi.jpgmulti1.jpgmulti2.jpgmulti3.jpg
1) 十分な診査をします。2) インプラントを埋入し
骨とつくまで待ちます。
3) 型を取り歯を入れます4) 完成です。
今後はメンテナンスが
非常に重要です。

従来は局部的な入れ歯を用いたり、ブリッジなどで治療を行っていましたが
現在は、インプラントを何本か用いて治療を行います。
その為、入れ歯を固定する為の金属のバネによる違和感やブリッジにした時
の歯を削るなどのデメリットはもちろんありません。



1本歯がない場合の治療の流れ

single.jpgsingle1.jpgsingle2.jpgsingle3.jpg
1) 十分な診査をします。2) インプラントを埋入し
骨とつくまで待ちます。
3) 型を取り歯を入れます4) 完成です。
今後はメンテナンスが
非常に重要です。

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、
インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。


オフィスでのインプラント治療例


実際にどのようにインプラントが骨の中に入っているかを示す模型

562736[1].jpg562737[1].jpg
インプラントが1本埋入されています。
模型ですが、このように骨の中に入り歯肉の
上に立ち上がっています。
こちらは左の図の拡大です。
しっかりと骨の中に入り歯肉への立ち上がりが骨
に影響を及ぼさない事が大事です。
top

例えばこんなご相談

  • ・他院の治療に満足していない
  • ・歯を白くより美しくしたい
  • ・口内のトラブル、心配事
  • ・歯周病に関するご相談
  • ・インプラントや矯正に関するご質問
  • ・費用に関するご質問、ご相談

お口に関することは、お気軽に何でもご相談ください。
治療と予防を活用し、健康で豊かな生活のサポートをいたします。